スプーンひとさじ

スプーンひとさじタイトル.jpg

<< 「大人のpremium PLUS1 LIVING」 | main | 新入りの白樺かご >>
スポンジを熱く語ります


家事の中でも好きなものと苦手なものがありますが、私が好きなのは断然、食器洗い。(ちなみに苦手ナンバーワンは洗濯物を干す&たたむ作業…)
 

食器洗いは、日に少なくとも2回、お昼を家で食べれば3回、と回数も多く、好きな家事とはいえ、より楽しく進めたいところ。食器洗剤の香りでテンションをあげる、という人も多いですよね。私の場合は、スポンジ選び。

長年「キクロン」を愛用していて、その実直かつ堅実な使い勝手に惚れ惚れしていたのですが、あるとき知ったポリウレタン系のスポンジ。激売れベストセラーの「パックスナチュロン」です。
使ってみると、泡立ちや泡もち、耐久性、なにを取っても言うことなし!
なによりこの素材、水切れが抜群。ギュッと絞ると、ほぼ水が切れています。これが気持ちよくて!

その後、同素材でほかのメーカーもいくつか使ってみたのですが、こちらを立てればあちらが…という感じで、色はいいのに素材がちょっと固めであったり、サイズ感は好きだけど、価格のわりに耐久性がいまひとつだったり…。
あ〜、コレとアレをくっつけたい! と思いあぐねていたときに見つけたのが、コレ。「石けん百科 キッチンスポンジ」です。(ハーここまで長かったですね)

ほかのメーカー、について聞かれたので…追記を。
パックスナチュロン以外に私が使ってみたのは、サンサンスポンジの黒亀の子スポンジエスケー 食器洗いスポンジの3種類です。それぞれ順に、長持ち度、デザイン、泡立ち水切れ、の良さがあったと思います。


この素材特有の、泡立ちの良さや水切れが抜群なのはもちろん、きなりとレモンイエローというカラー展開もうれしい。そして150円というお値段もありがたや。
白を選んでも、汚れ落ちがいいので染まりにくいところも好きです。(むろん、カレー鍋やトマトパスタのフライパンなんかは、スクレイパーでぬぐってからがお約束)



しいて言えば、ネットでしか買えないという点が残念。私の消耗品えらびのモットーでもある「質とお値段のバランス&入手の手軽さ」に、当てはまらないんだよなぁ…。消耗品は、いかに行動範囲の中で買えるかも大事だと思っていて、「切れた!」「もうすぐなくなる!」というその時に手軽に買えるものを定番にしておきたい。(あと調味料もそうだな)

どんなに品質が良くても1本3000円の食器用洗剤は使わないし、使い続けられない。(最近セレクトショップなんかで、シレッとすごい値段の洗剤売ってますよね…)かといって安かろう悪かろうでは日々のテンションもあがらないわけで、このへんのバランスがうまいこと自分の中でしっくりときて、なおかつ見た目にもよろし、なんてものに出会うと、今回の「食器スポンジ」のような地味アイテムでも、静かに熱く興奮し、脳内カーニバル。女性誌でいうところの「グッドルッキングな彼女に首ったけ! マストバイアイテム!」なわけです。



ちなみに食器用洗剤は、こちらも長年「ヤシノミ洗剤」を使っています。(イソップのボトルに詰め替えているという、ブランド紙袋愛用者のような貧乏くささ)食器に香りが残るのが苦手で、洗剤は無香料派なのですが、手洗いソープは香りつき。最近使いだした、アバロンオーガニクスのローズマリー、爽やかな香りで気に入ってます。
あ、写真が左に傾いているので、どうぞ身体を左に倒してご覧ください。



 
モノ好き - ブログランキング 

-

PROFILE
SNS
ツイッターアイコン.jpg インスタアイコン.jpg

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES