スプーンひとさじ

スプーンひとさじタイトル.jpg

<< 長野で買ったお土産 | main | 36歳の迷走 >>
子どもの絵本選び
PB112112.jpg

最近、読んで読んでと娘が寝る前に持ってくるこの2冊。
「すてきな三にんぐみ」で知られるトミー・ウンゲラーの「エミールくんがんばる」と、石亀泰郎「イエペはぼうしがだいすき 」。どちらも、「greenpoint books&things」赤木さんによるセレクトです。
 
「エミールくんがんばる」の方は、その存在すら知らず、初めて手に取った時は、イメージしていたタッチや内容とはいい意味で期待を裏切られる感じで、そのシュールさとユーモアたっぷりな様子にぐいぐい引き込まれてしまいました。
「イエペはぼうしがだいすき」は、実在する3歳の男の子、イエペの日常を描いた写真絵本。これがもう、直球で語りかけてくるかわいさがたまりません。

ここ最近は、誰かにオススメしてもらったものを積極的に読むように心がけています。というのも、絵本に限らず、本はその数が膨大すぎて、何を手に取っていいのかが本当に難しい。親としては「名作」と呼ばれる、誰もが知っている絵本もひととおりは読ませたいし、しかしながら、その陰には新旧問わず、ぐっと惹かれる絵本も数多く存在しています。
自分だけのセレクトだと、どうしても偏ってしまうので、子どもには幅広く触れてほしいなぁと思っています。

さて、そんな子どもの本選びの指針としてはもちろん、子育て中のお母さんに読んでもらいたい本を赤木さんにセレクトしていただいたページを、発売中の「tocotoco」で担当しました。2ページだけではありますが、上記2冊をはじめ、素敵な本がずらりで読み応えのあるページになっています。
ビジュアル本は、取材当日赤木さんからひとつひとつ拝見し、もちろんほかの本も、すべてじっくりと読みました。どれも育児や家事の合間に手に取りやすく、お母さんの心を軽くしてくれる良書ばかりです。ぜひご覧ください。

 


PB112113.jpg

ちなみに、わが家の絵本は、実はこれっぽっち。もっともっと欲しいけれど、ぐっとこらえながら、徒歩1分のところにある図書館をヘビーに使っています。本にはいくらかけてもいい、と思いながらも、同じ本を繰り返し繰り返し読み続ける娘の様子を見ていると、今はまだ、図書館で広く触れさせながら、家に置くのは選抜メンバーにしてもいいのかな、と思っているところです。もちろん、手元に置きたいと思える本は、もう無尽蔵。ハマると恐ろしい絵本ワールド。
比較的、本が好きな娘ではありますが、書店へ行くと真っ先に駆け寄るのは、ブック型のおもちゃコーナーだったりして。まぁ親の理想通りにはいかないんですけどねぇ。(あのコーナー、どうにかならんもんか!)
 
子ども - ブログランキング 

-

PROFILE
SNS
ツイッターアイコン.jpg インスタアイコン.jpg

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES