スプーンひとさじ

スプーンひとさじタイトル.jpg

<< ゆるかわトラック | main | お気に入りの服を子ども服にリメイク >>
大阪のニュースポット「spice curry43」


大阪は今、カレーブームでアツいそうですね。
そしてそのトレンドはスパイスカレーだそうで。
そんなカレー激戦区大阪に、ホットなスポットが誕生しました。
場所は本町駅より北西へスグ、靭(うつぼ)公園テニスコートの南側です。
その名も「spice curry43(スパイスカレー43)」。
 
店主のよっさんが、練りに練った調合でスパイスを操り作り出す「43カレー」が看板メニューです。ピンと来た人もいるかもしれません。大阪のカレーイベントでは歴代売上1位!という伝説も作ったという、流しのカレー職人よっさんが実店舗を出しました。


43カレー&キーマカレーのあいがけ、スパイス半熟煮たまごをトッピング。

これがまぁ、うまいんですわ!
まぁまぁそこそこのカレー好きで、一人ランチではカレーを選ぶことも多い私ですが、このカレーは本当においしい。一言で言うならば、「米に合うー!!!」な、全日本人が涙する系のカレーです。

サラッとしてピリッとくるインドカレー、おいしいですよね。
ミルキーなのにツンとくるココナツカレー、おいしいですよね。

しかし、毎日食べたくなるのは、適度にとろみがあって、甘さと辛さがほどよくじわじわくる、こっくりおいしいカレーじゃないですか。でも悲しいかな舌の肥えた現代っ子のわたしたち、オカンがつくるバーモントカレーじゃ満足できないじゃないですか。
そうでしょう、そうでしょう。
そんなあなたにこそ、ぜひとも43カレーを食べていただきたい。

ポークベースの煮込みカレーは、スパイシーだけどとんがってない、腹ペコサラリーマンのがっつりランチにも満足の、これぞまさしく現代の日本人に「ちょうどええ」カレーだと私は思うのです。とにかく米に合う、これほんと大事…。パン好きだって、やっぱ基本は米じゃないですか!コメ!


辛いのがお好きな方は、お好みで卓上のミックススパイスをどうぞ。

こんなにも平たく、ただただ「米に合う」なんて書いてしまいましたが、もう一度言いますと、とっても研究を重ねて仕上げられた、奥深いカレーなんです。香り立つ風味や、舌に残る余韻はしっかりとスパイスを感じるのに、食べると万人を受け入れる懐の深さよ…
本格スパイスカレーを、オカンカレー的親しみで食べられるって、ほかにあんまりないんじゃないかしら。「43カレー」にばかり言及していますが、もう一品の「キーマカレー」も、こちらもまた違ったスパイシー感。辛みはこちらの方がちょい上ですが、比較的マイルド。そして添えられたパクチーが、これまた合う!(なんならパク盛りオーダーで!)パクチーが苦手…という人も多いかもしれませんが、スパイスたっぷりのカレーと合わさると、「オヤ?」と思うぐらい、ベストパートナー。食わず嫌いはもったいない、まずはお試しを。


タイルの1枚、ノブひとつからこだわって2人で仕上げた内装も、あちこち注目してみてください。女性ひとりでも入りやすいようにと考えられたインテリアには、かわいいものがたくさん隠れているんです。

実を言うと、店主のよっさん、そしてパートナーのビビちゃんは、家族ぐるみの、そして家族レベルの友人です。だから私のひいき目もちょっぴり入っているかもしれません。
いやしかし! このカレーは本物だと心から思っています。

おいしいものをつくるのが大好きな2人は、友人らを招いては、その腕を振るってくれていました。味はもちろん、サーブやインテリア、すみずみまで愛情が満ち満ちていて、いつもみんなで「お店やればいいのに〜」って話していました。
そんな2人のお店が、ついにできたのです。
悩み事があるたびに、一人で、そして夫婦でも駆け込んでいたよっさんとビビちゃんの家。仲間みんなの居場所だった家。そこが、もっともっとたくさんの人たちのものになっていくのだと思うと、なんだかとても感慨深い。
ただ、おいしいカレーを食べる場所ではなくて、そのカレーを通じて、いろんな人のホットステーションになる気がしています。ローソンよりあったかいですよ、ここは。



流木に寄せ植えした多肉がお出迎え。心躍るカラフルな外観です。

spice curry43
大阪府大阪市西区靭本町2-5-2 横井第7ビル 1F
11:30〜17:00(売り切れ次第終了)
不定休
(営業日についてはFBでチェックを)

 
おいしい - ブログランキング 

-

PROFILE
SNS
ツイッターアイコン.jpg インスタアイコン.jpg

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES